<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

懐かしの〜

d0104649_10384949.jpg
数字に戻ってきました。

昨年まで苦しかったスカートがスルリと入ったり、
数年間死語に近い状況だった『くびれ』なるものが復活したり
(まあ!ささやかな状況ではありますが・・・)
「あれ!痩せた?」と言っていただける快感!!

*マーミン式プチプチダイエット*進行中!いい感じです。
[PR]
by maming-kawa | 2011-07-26 10:40 | 心&体 | Comments(0)

なじょにがすっぺ!

d0104649_10384234.jpg
天使ちゃんが、昨日陸前高田市へ復興ボランティアに行ってきました。
仕事が終わって金曜日の夜に寝袋を抱え車を走らせ〜目的地に向かいました。

昨夜遅く戻って来た天使ちゃんは、帰るや否や
「お母さん!この国の若者は捨てたもんじゃないですよ!」と、
目を輝かせながら話してくれました。
ボランティアセンターに全国各地から集まった若者達の、
いきいきとした様子や、
辺りを見渡すと何にも無くなってしまったけれど、
その場にみなぎる「誰かを想う」プラスのエネルギーの凄さを
熱く熱く語ってくれました。

天使ちゃんが向かった牡蠣養殖所の作業は、
復興までには、かなりの時間がかかるようではあるけれども、
被害で複雑にからまってしまった網を手作業で解いていくこの
人の手でしかできない小さな小さな作業の積み重ねが、
復興に繋がるんだと・・・
天使ちゃんは、
自分のライフワークにこの手作業の尊さを刻みこむことでしょう。

この若者達が、安心安全なクリーンエネルギーを開発し、
未来を担っていってくれるんだろうな〜と、
母は、目の前で話してくれるひとりの若者を誇らしく思いました。


*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

『高田松原の一本松』
岩手県陸前高田市の高田松原に2キロにわたって
7万本の松が植えられていました。
夏は多くの観光客を迎え、地域住民の安らぎの場となっていた松林。
しかし、その松林は、
平成23年3月11日大津波に飲まれたった一本に・・・・
高さ30メートル、樹齢250年を超える老松はいま、
「奇跡の一本松」と呼ばれています。


天使ちゃんがボランティアセンターで買ってきた支援シールに
記されている「希望の一本松」。
津波の被害に1本だけ残ったというこの一本松。
波にのまれ流された69,999本が、
「未来を見続けて欲しい!」と、
どれだけの想いをこの1本に託したんだろう!
69,999本の祈りを集結したこの1本。
きっと!見事に復活して、
またこの地を守ってくれることでしょう。
一本松プロジェクト
[PR]
by maming-kawa | 2011-07-24 11:32 | 祈り | Comments(0)

静かに感動*

d0104649_18485783.jpg
「なでしこジャパン」優勝おめでとう!

なぜか!優勝が決まった瞬間・・・
静かに、静かに・・・涙が流れました。
そして〜
静かに、静かに・・・心が動きました。
[PR]
by maming-kawa | 2011-07-19 18:50 | ありがとう | Comments(0)

いいんですか?

今日は村長さんが東京出張なので〜
koyomiさんを誘って、ランチに出かけました。
d0104649_16184158.jpg
d0104649_16185461.jpg訪ねた先は、おもてなし料理『楽るご庵』
ひとつひとつのお料理が、
素材を活かした優しいお味・・・
主婦の鏡koyomiさんと感激しまくり!
食後もオーナーが丁寧に育てたお庭を拝見し
お土産にと野菜の収穫もさせていただき
至れり尽くせり・・・


そして・・・一番びっくりしたのは・・・
な・な・なんと!このお昼セットが700円!!!
koyomiさんと「いいんですか?」と再度確認!!

ここのお味は、みなさんにお勧めしたい絶品ですが、
残念ながら、夏季は来週から夏休みに入るそうです。
9月からは、再開するそうです。


おもてなし料理『楽るご庵』
弘前市山崎5-7-25
0172-88ー9005《予約制》
[PR]
by maming-kawa | 2011-07-14 16:22 | おすすめ | Comments(4)

黒石からフクシマヘ

黒石こでんてん祭りに行ってきました。
山田スイッチさんのトークとkoyomiさんのライブ
d0104649_17122879.jpg

会場の音蔵は素敵な佇まい・・・
黒石にこんな素敵な界隈があったとは・・・知らなんだああ〜〜!
(黒石のみなさま!ごめんなさい!)
今度ゆっくり訪ねてみたいところでした。

koyomiさんが『ふくしまキッズ夏季林間学校』応援のためにかきあげた
『フクシマ』ですが、
この日のライブでのお披露目と、
『ふくしまキッズ夏季林間学校』支援として全額寄付させていただく、
販売用CD(500円)が準備されました。
d0104649_16352861.jpg
ジャケットの写真は、koyomiさんのご実家のある福島の風景です。
本当に、ただの日常のありふれた風景です。
koyomiさんから最初に『フクシマ』の歌詞をもらった時、
この当たり前の日常の景色の輝きが、
この『フクシマ』という歌にはぴったりなのでは・・・?と、
村長さんと選びました。
あえてデザイン的に手を加えないジャケットとなりました。
koyomiさんの
「希望の種をまきましょう。フクシマの地に・・・」
というフレーズ。
この希望の種というのは、この日常なんだと・・・
でしゃばることのないkoyomiさんの深くてそして強い祈りが、
丁寧に繰り返されるギターのアルペジオに見事に表現されています。
福島に希望の四季が永遠にめぐりくるように!
祈り続けようと思います。

d0104649_1710487.jpg
スイッチさんのイラストが
かわいいでしょう!
イラストのように、
この日のkoyomiさんも
そして〜スイッチさんも
お着物でした。



d0104649_16462295.jpg
うちら〜陽気なかしまし娘〜♪♪なんだか〜三人似てるよね。

この日マーミンは、
スイッチさんにエジプトカード占いをしてもらいました。
スイッチさんに言われるままに、カードを選び、
最初に選んだカードが・・・
なんと!蓮の花のカードでした。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[PR]
by maming-kawa | 2011-07-11 17:12 | お知らせ | Comments(0)

拝みたくなる顔*

d0104649_1131972.jpg
昨日、ある方に
「マーミンさんの顔は、阿弥陀如来様の顔のようで、拝みたくなる」
と、言われました。
まあ〜!この顔立ちなので〜これまで
「フランス人形みたい」とか言われる訳も無く!
「お釈迦様みたい」だとか・・・
「観音様みたい」とか・・・は、よく言われてきました。(笑)

今思い起こせば・・・
子供の頃から「あら!まあ!こけしさんみたいね〜!」
と、誉めてるんだか?誉めようがないんだか?
大人達の微妙なニュアンスの誉め言葉に、
子供ながらに、こけし〜〜〜〜!!!!
こけしって!平面じゃないですかあ!(笑)
と、自分の顔立ちには、幼少期から諦めムードでした。

まあ〜!とりあえず、私の顔は、
紛れもなく大和人(やまとびと)顔でして、
亡くなった母は、
ロシア人かドイツ人のような顔立ちをしてましたが、
仏像のような顔立ちの父のDNAを根こそぎ受け継いでしまった。
という事実が、嬉しいような残念なような〜(笑)

さて!昨日の
「マーミンさんの顔は、阿弥陀如来様の顔のようで、拝みたくなる」の、
特筆すべき点は、
『拝みたくなる』というところにあります。
まあ〜勝手に拝んでもらっても構いませんが・・・
『ご利益はありません!』という旨を
説明書に記しておこうと思います。


*阿弥陀如来とは・・・*
梵名の「アミターバ」は「無限の光をもつもの」、
「アミターユス」は「無限の寿命をもつもの」の意味で、
これを漢訳して・無量光仏、無量寿仏ともいう。
空間と時間の制約を受けない仏であることをしめす。
無明の現世をあまねく照らす光の仏とされる。
西方にある極楽という仏国土(極楽浄土)を持つ。


無明の現世をあまねく照らす光の仏
う〜〜ん!いいじゃないですか!
やっぱり!みなさん!拝みなさい!(笑)
[PR]
by maming-kawa | 2011-07-08 11:02 | 笑い | Comments(0)

あぁ〜

d0104649_1093957.jpg
「微量なので、心配ない」的な報道・・・

でも・・・日常的に心配ないとされる微量が蓄積されているんだよねぇ。

国は辞任劇でバタバタしている場合じゃないよねぇ!
外で思い切り走り回りたい子供達の心の叫びや
猛暑の中避難所で苦しんでいる方々の先の見えない不安に真摯に耳を傾け、
いち早く対策を講じて欲しい。

なんの力もない一国民が、名も知らぬ誰かのために、
愛という名の力を、様々な形で集計させよう!としているのに・・・
[PR]
by maming-kawa | 2011-07-06 10:09 | 祈り | Comments(2)

福島へ愛を届けましょう!

今夜の「夜は気ままに」は、koyomiさんをゲストにお迎えして
『ふくしまキッズ夏季林間学校』というプロジェクトのお知らせと・・・
今の福島の状況を、
koyomiさん・美穂子さんと3人でお伝えしたいと思います。

私は、先週末から旅をしてきました。
そこで、たまたま偶然福島の方とお話することができました。
それはとても短い時間でしたが、
「福島の子供達を県外に非難させたいんだよ〜!
子供達が、あまりにもかわいそうなんだよ〜!」
と、
涙ながらに語られるその言葉ひとつひとつが、
福島の方々が背負わざる得ない魔物のような不安と恐怖という現実を
ズシリ!と感じました。

ちょうど!旅の出発前日にkoyomiさんから『ふくしまキッズ夏季林間学校』の
応援歌を創ることになり、レコーディングをする旨を知らされ、
あまりにタイムリーな出来事に!
私の想いと祈りは・・・福島へ向けられました。

『ふくしまキッズ夏季林間学校』は
福島の子どもたちにせめて夏休みは、なんの心配もなく、
伸び伸びした時間を過ごしてもらい!
という主旨に基づき、
最低5年間という長いスパンでの支援だそうです。

今夜の「夜は気ままに」では、
koyomiさんが『ふくしまキッズ夏季林間学校』応援のためにかきあげた
『フクシマ』をライブで歌ってくれます。

d0104649_12535170.jpg

福島のみならず〜全ての子供達が、
何の不安もなく
サッカー選手になる!ケーキ屋さんになる!大リーガーになる!
そんな『夢』を語れる!明るい未来が平等に与えられように!
私達、大人が今しなければならないことを考えていきたいと思います。

今夜の「夜は気ままに」は是非!聴いていただきたい!
と強く願うとても貴重な1時間になると思います。

今夜8時 FM78.8アップルウェーブ「夜は気ままに」聴いて下さい。
[PR]
by maming-kawa | 2011-07-05 13:29 | 夜きま | Comments(2)