AQUA NOME*

d0104649_1243094.jpg
AQUA NOME
妙にひかれるアルバムタイトルとジャケットの絵
7月8日に発売される久々のエポのニューアルバムです。

『AQUA』は水
『NOME』は神秘を守る大地の妖精

さてさて・・・
最近想うことがあります。
それは、器と水(AQUA)の関係です。

注ぎ込まれた水は、準備された器通りの形になるんだな〜〜〜と、
当たり前の事ですが、
なんだかおもしろい事に感じています。

例えば、準備された器が自分で、
注ぎ込まれる水が、神様からのメッセージだとします。

神様からのメッセージは皆に平等に届いているのに、
そのメッセージを受け取るために、
準備をした自分の器の大きさや形で、
状況はかなり変わってきます。

天に向かって差し出した器が、
それはそれは美しい曲線を描いた大きな水瓶だったり、
または、浅くて小さいもの、
また、ギザギザのもの
また水漏れしてしまうもの
器の形状は様々です。

美しい曲線を描いた水瓶には、
その形に添うように、美しい曲線を描いた水が注ぎ込まれます。
浅くて小さい器には、
もっともっと!注ぎたいけれど、
残念ながら器以上の水は注ぎ込まれません。
ギザギザの器には、
ギザギザの形状に添うように水もギザギザの形状になってしまいます。
水漏れしてしまう器には、
注いでも、注いでも、
神様からのメッセージはこぼれ落ちていってしまいます。

また、その水瓶に自分にとって
マイナスな要因(課題)が投げ込まれても、
美しい水瓶に張られた水は、
水辺に石が投げ込まれたように、キレイに修復しようと
水の輪(和)を描きます。
その姿は、どこまでも穏やかで静かに修復されていきます。

私達は、自分が差し出した器の形状を認識することなく
周りの人の水瓶にたっぷりと注がれたメッセージを羨む。
そして、「なぜ、私には・・・これぽっち?」と嘆き、怒る。
自分の差し出した器の小ささや水漏れしてしまう形状を顧みない。

どこまでも、降り注ぐ神様からのメッセージは、平等なのです。
不平等に想えるのは、
自分の心・差し出した器の形状なんだと思います。
差し出した器の形状を修復するためには、
与えられた自分の現在(いま)を見つめ、
認めること・許すこと・愛すること

私の大切な友人に、この美しい形状の大きな水瓶を携えた
美しい水瓶座の女性がいます。
この友人は、携えた水瓶の大きさや美しさもさることながら、
注ぎ込まれた水を、
常に浄化できるような浄化装置も備えています。
だからいつでも、清らかな水をたたえ
人様に施せる愛を持っています。
私よりグ〜ンと年下でありながら、
彼女の生き方を見ていると、
それはそれは美しい水辺に佇む、
神秘を守る大地の妖精のように思えます。

『たったひとつ』♪    
          AQUA NOMEより

  あなたの代わりは、どこにもいない
  例えば誰にも 愛されなくても
  私の代わりは 誰にもできない
  それこそ真実 確かな真実


*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

7月8日 エポの新譜が楽しみです。
来月の7日の「夜はきままに」で紹介できると思います。
で・・・明日は、koyomiさんと
「夜はきままに」おかあちゃんのフォークです。
久々に二人だけの「おかあちゃんのフォーク」
koyomiさんのスタジオ生ライブもあります。
何を歌ってくれるかは、お楽しみです。

もしよかったら、聴いて下さいね。
[PR]
by maming-kawa | 2009-06-29 13:52 | 音楽 | Comments(0)
<< Oh!RADIO* フレッシュジュース* >>