Heart to Heart*音楽編

d0104649_22475295.jpg
Makihara Noriyuki Concert Tour 2011-12 “Heart to Heart”
   2011.10.15  青森市文化会館

行ってまいりました!初マッキー♪♪
酔いしれました!初マッキー♪♪
今回のアルバムHeart to Heartは、マッキーが伝えたいメッセージが明確で、
「芯がぶれてない!」素晴らしいアルバムだな〜と感じてました。

3・11の震災以来・・・
大なり小なり私達は、これまでの生き方を考えさせられたと思います。
今まで通りの生き方で、未来を灯す明るい光は見いだせるのか?
という疑問を抱えながら、
目には見えない誰かの幸せを必死に祈り、
自分自身にできる事を個々に模索してきたと思います。
自分以外の誰かを想い行動する!という
私達日本人のDNAに刷り込まれた世界が絶賛する国民性。
でもでも・・・
あの未曾有の震災を経験しなければ、
私達が気付かなかった大切な事もあったはず!
アルバムでは、そんなメッセージをマッキーは気負うことなくサラリと
私達聴く者に伝えてくれました。
アルバムHeart to Heartの中の
「Appreciation」「White Lie」のメッセージは、
「感謝」を忘れてしまった人類に対して危機迫るモノがありました。
このストレートなメッセージをマッキーはライブでどのように、
私達に投げかけてくれるのか?楽しみにしていました。
その私の期待をはるかに越えたマッキーのステージパフォーマンス!
伝えたいメッセージが明確で、
それをストレートに伝えたい!とする表現者がいる!
それだけで、そこに宿るエネルギーは凄まじいものがあります。
ライブでしか味わえない醍醐味であります。
Appreciation・・・真の価値を評価する
もう!20世紀は終わったんだ!
と、
スクリーンに大きく映し出され・・・
否応なしに、
これまでの私達の生き方をチェンジしなければならない時が来た。と、
あの会場でマッキーの歌声に酔いしれた誰もが感じた筈!

マッキーは神様に使われたメッセンジャーであります。
マッキーが創り出すここ近年の音楽達を聴いていても、
今年のアルバムは、ミュージシャンとして絶頂期を迎えたような、
最高な仕上がりだな〜と感じていました。
そんなマッキーのミュージシャンとしてのバイオリズムと、
この「2011」という
私達が生き方の転換期を迎えならなければならない時期が重なる。
という導き・・・
これは、神様にメッセンジャーとして選ばれた!としか思えない。
偶然?いえ!必然であります。

ライブでは、私の記憶が正しければ、
今回の「Heart to Heart」を全曲歌ってくれたように思います。
これもまた・・・圧巻でありました。


語り尽くせないくらい素晴らしいライブでした。
そして〜マッキーの人柄通りの温かいライブでした。


Heart to Heart*絶叫編↓↓もあります。


Heart to Heart*涙・涙の感動編↑↑もあります。
[PR]
by maming-kawa | 2011-10-17 00:12 | 音楽 | Comments(2)
Commented by キラキラサンフラワー at 2011-10-17 10:45 x
あったか~いコンサートだったんですね~♪

こないだテレビで、マッキーが旅愁を歌っていて、すごくあったか~い思いになりました(*^o^*)
歌の魂のなかに、芯がある。真がある。
そんな風に思いました(*^o^*)

新しいアルバム、ゆったりとホットミルクでものみながらききたいです♪

この震災は、色々な気づきを与えてくれたと。新たに刻み込まれたものがあったと。
芯を…真を…立て直すとかなのでは、ないかと。

深く思います。

頑張れ日本!
Commented by maming-kawa at 2011-10-18 10:15
キラキラサンフラワーさん!元気にしてましたか?
先日ブログにお邪魔してびっくりしてました。大丈夫ですか?
坊くんの事は、心配でしょうが・・・これから迎える坊君のためにもゆっくりゆったりな時間を過ごしてて下さい。
ホットミルクでも飲みながら・・・お大事にね!
<< Heart to Heart*... Heart to Heart*絶叫編 >>