8月の暑い日に・・・

d0104649_2184887.jpg
天使ちゃんと二人で、山下達郎のライブを観にお隣の街まで二人旅

天使ちゃんがお腹の中に居た時に、
私が好んで聴いていたこのレコード
d0104649_21154463.jpg
レコードの音に合わせ私のお腹を蹴っていた天使ちゃん
天使ちゃんが私に投げかけるリズムが、
あまりにGOOD!なのには、将来を楽しみにしたものです。
その天使ちゃんと二人で〜
達郎のライブを味わえるそんな日が来るなんて〜
天使ちゃんの成長が感慨深くもあり〜
何よりも私が好んで選び聴いていた音達を天使ちゃんも
こよなく愛していることがとっても嬉しいです。
d0104649_2142328.jpg
『ON THE STREET CORNER2』
このアルバムは、
達郎が一人多重録音で唄い上げる2枚目のアカペラアルバムです。
忘れもしません!天使ちゃんが生まれた数日後に発売されたアルバムです。
このアルバムの最初の曲(A面1曲目)『AMAPOLA』を
天使ちゃんを抱き、「AYAPOLA〜〜〜〜」と〜替え歌にして〜
何度も何度も唄いました。
今回のライブで、このアルバムから大好きな
「I ONLY HAVE EYES FOR YOU」(瞳は君ゆえに)を唄ってくれました。
達郎の歌声が一瞬にして86年のあの頃に私を連れていってくれました。
切ないほど〜なつかしくって〜今『AMAPOLA』を何度も聴いています。
あの頃のようにもう〜天使ちゃんを抱きかかえ
頬と頬をすりよせ「AYAPOLA〜〜〜〜」とは、出来ないけれど・・・
『AMAPOLA』を唄っています。
AMAPOLA, my pretty little poppy,
You're like that lovely flow'r so sweet and heavenly.
Since I found you,My heart is wrapped around you.
And loving you, it seems to beat a rhapsody.
AMAPOLA,
the pretty little poppy must copy its endearing charm from you.
AMAPOLA,AMAPOLA,
How I long to hear you say "I love you."

「AYAPOLA〜〜〜〜I love you!!」

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

ライブの会場に着いてからの高揚感は、
ライブでなければ味わえない感覚です。
刻々と開演の時間を待ち、会場が暗転し、
いよいよ!ステージに達郎が登場した瞬間に、
会場の空気は一気に、違う次元へと私達を導いてくれます。
初!達郎の天使ちゃんが
「ねえ!達郎ってすごく大きいんだね?」と
小さい声で私に耳うちしました。
なんと!天使ちゃんはこのあアルバムのイメージがあり〜
d0104649_2183039.jpg
小さい人かと思ったそうです。(笑)
本当に笑っちゃいますよね。

昨年に引き続き、ブルーのシャツにGパンで登場した達郎
昨年同様!完璧な音の渦に酔いしれながらの3時間20分
ライブレポは・・・今度ゆっくりお届けしようと思っています。
私・・・達郎の
d0104649_11594470.jpg
この手が大好きです。
きちんと結婚指輪をし、
ライブの時も上質な革の腕時計をしています。
そして〜日に焼けていないこの異常なまでの白さ・・・
大好きです!

この感覚・・・そうだ!
目の前に居るいつも見ている誰かの手にそっくりです。

やっぱり
"I love you."
[PR]
by maming-kawa | 2010-09-07 12:00 | 音楽 | Comments(0)
<< 土手町の誘惑* 9月の夜は気ままには・・・ >>